私の名前はキム・サムスン

韓流ラブストーリー

 

ツンデレ御曹司と魅力あふれる年上パティシエが織り成す胸キュン必見ラブコメディ

2005年放送、30代女子のリアルな心情を描いている。
美男美女のキラキラした恋愛を描いた作品ではなく、ぽっちゃりの主人公が職と彼氏を同時期に失うところから物語は始まります。それでも恋に仕事に、女性の抱える問題へ懸命に立ち向かっていくストーリー

社会現象化するほど人気を得たことから、当時パティシエ志望者が急増。また、ヒロインが改名を望む設定から改名申請者も増えたという。

「女優さんが本当に太って役に挑んでいたのがリアルで良かった」
「何度も見たくなるし見た!」
「お金持ちでもなく、それほど美しくもないのに、格差のあるイケメンに愛され、頑張って生きているところ」が観ていて楽しい。

タイトルとURLをコピーしました